レイシャス ブログ

REICIOUS’S BLOG

意外に理解できてない? 不動産投資とは

2017.11.16

81 view

そろそろ資産運用を始めたい、不動産投資に興味がある……と思ってはいても、不動産投資に対してまだぼんやりとしたイメージしか持っていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでここでは、不動産投資とはどのような投資なのかをわかりやすくご紹介します。

不動産投資とは

不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産事業に資金を投入することです。具体的には、マンションやアパートを一棟、もしくは一部屋から数部屋購入して貸し出したり、売却したりして利益を得るというものです。「投資家から集めた資金で複数の不動産を購入し、賃貸などで得た収益を分配する」という不動産投資商品もあります。一言で不動産投資といっても、さまざまな投資対象、投資方法があることを知っておきましょう。

不動産投資で利益が上がる仕組み

不動産投資の収入には、インカムゲインとキャピタルゲインという2種類が存在します。

インカムゲインとは、投資対象を保有していることで継続的、定期的に得ることができる収入です。不動産投資における具体例としては、マンションなどを購入して貸し出した際の賃料収入などが挙げられます。

一方、キャピタルゲインとは、投資対象を購入価格以上で売却することによって得られる収入のことです。不動産投資における具体例としては、マンションをワンルームだけ購入し、物件の価値が上がったときに売却して得る収入などです。マンションの価格高騰といった経済状況の変化によっては、高い収益を生むことがあります。

不動産投資の特徴とリスク

不動産投資はよくミドルリスク・ミドルリターンといわれます。

そもそも投資とは収益が得られることが約束されているわけではなく、不確実なものです。例えば多くの人が利用している預貯金も投資の一種です。金融機関が破綻すれば預貯金もなくなってしまうリスクがありますが、その確率は低く、代わりに金利が低く設定されています。つまり預貯金はローリスク、ローリターンな商品となります。

一方、株式投資は、投資した会社の業績がアップし、企業価値が高くなれば、保有している株式の価値が何倍にも跳ね上がることがあります。しかし、業績が落ちて株価が一気に下落する、あるいは企業が倒産してしまう危険性もあります。こうしたハイリスク、ハイリターンな商品は、株式以外にも、FXや海外のファンドなどがあります。

 

不動産投資は預貯金よりはリスクがあるものの、株式投資よりはリスクが少ない投資である、という認識が一般的です。投資しているマンションに空室が出る、賃料の相場が下落するといったリスクは不動産投資においても存在します。建物が老朽化したり、何らかの不具合が見つかったり、ときには地震などで倒壊したりすることもあり得ます。しかし、不動産は土地がある限り、その価値がまったくのゼロになることはまずありません。これが、不動産投資がミドルリスク、ミドルリターン(またはロングリターン)といわれる所以です。

まとめ

このように、不動産投資はある程度のリスクはあるものの、堅実に収益が見込める投資です。ただし、そのよさを十二分に引き出し、危険性や不確実さを回避、軽減するには、パートナーとなる優秀な不動産投資会社を選ぶことが欠かせません。その条件を満たし、マンション投資などに限れば、不動産投資は「ローリスク、ミドルリターン(またはロングリターン)」な投資となるでしょう。

センチュリー21 レイシャスでは、こうしたローリスク、ミドルリターン(またはロングリターン)な不動産投資をオーナー様に提案しております。不動産投資についてご不明な点があれば、ぜひ当社にお問い合わせください。