レイシャス ブログ

REICIOUS’S BLOG

不動産投資における区分所有マンション経営とアパート一棟経営のメリット・デメリット

2017.06.12

32 view

不動産投資と一口でいっても、区分所有マンション経営やアパート一棟経営に乗り出すというやり方もあります。この両者、何がどう違うのでしょうか。ここではそれぞれのメリットとデメリットを取り上げ、その違いを検証してみましょう。

区分所有マンション経営のメリット

区分所有マンション経営とは、マンション全体ではなく、一室のみを所有して経営することです。わかりやすく、ワンルームマンション経営と呼ばれることもあります。この区分所有マンション経営の最大のメリットは、比較的少額で投資が始められることでしょう。その分、自己資金も少なくてすみ、融資を受ける場合も借りやすく、リスクも低くなります。初めて不動産投資に挑戦するという人にとっては、入門編として手を出しやすいともいえるでしょう。

 

また、ワンルームは流動性が高く、買い手が現れやすいので、売却をしたいというときもスムーズに売れる確率が高くなります。副収入を得たいと考えるサラリーマンや、まずは区分所有マンション経営から始めて、資金が貯まれば次のステップとして大きな投資をしたいという人などにおすすめできます。

エリアを分散する形で、複数所有するという選択肢がとりやすいのもメリットです。

区分所有マンション経営のデメリット

区分所有マンション経営のデメリットはどうでしょう。一般的に区分所有マンション経営は、次に述べるアパート一棟経営と比べて利回りが低いともいわれます。ワンルームは買い手が多く、また一室ごと販売するという性格上、販売価格が割高になる傾向にあり、このことが利回りの低くなる要因となります。ただ、すべてがそうというわけではないので、不動産投資コンサルタントや不動産投資専門会社の営業マンなどに相談し、自身の要望に合ったワンルームを探しましょう。

アパートの一棟経営のメリット

比較対象として例に挙げるのは、アパートの一棟経営です。アパートの一棟経営のメリットとしては、部屋ごとに細かく家賃を設定することもできるので、入居者がなかなか入らなければ暫定的に家賃を下げるなどの空き室対策も取りやすいでしょう。

 

また、区分所有マンション経営だと共有部分や外装の修繕、リフォームを自分だけの意思で行うことができません。しかし一棟経営であれば、必要に応じて部屋ごと、あるいはアパート全体のリフォーム、改修を行うことができます。老朽化が進めば建て替えを行うことも自由なので、より戦略的に経営を進めることができます。

 

ほかには、建物だけではなく、土地も所有していることによるアドバンテージがあります。仮に地震や火災で建物が崩壊してしまったとしても、土地だけは資産として残ることになるのもメリットといえるでしょう。

アパートの一棟経営のデメリット

アパートの一棟経営にもいくつかデメリットがあります。まず、区分所有マンション経営に比べて必要資金が増えること、そのために融資を受けるとなれば金利が高くなることが挙げられます。必要資金が大きくなると、万が一、投資に失敗したときには負債額も大きな額になってしまいます。ハイリターンが見込めるものの、ハイリスクでもあるということです。

 

また、部屋数が多いことで安定収益が見込めますが、その反面、極端に人気のない部屋があればそれもずっと所有して経営していかなければなりません。例えば1階の日当たりの悪い部屋などは、なかなか入居者が現れないことがあります。ピンポイントで条件のよい一室を選べる区分所有マンション経営と比べると、これもデメリットといえるでしょう。

 

さらに、地震や火事の際は、確かに土地は残りますが、被害が建物全体、すべての部屋に及んでしまいやすいともいえます。その分、災害などへの対策コストもかかることになり、これもデメリットに数えられるでしょう。

まとめ

このように、区分所有マンション経営がよいかアパートの一棟経営がよいかは、一長一短があるので一概にどちらとはいえません。不動産投資をお考えの方は、どちらがより自分の条件や目的に合っているのかを考えて、比較検討してみてはいかがでしょうか。